お客さまの作品

お買い求めいただいた毛糸からどんな作品が生まれたのか…毛糸屋としては、とても気になります。
そこで、「お客さまの作品」コーナーを作りました。
もしよろしければ、作品の写真を info@caston-yarnshop.com までお送りください。
編みかけでも構いません(^^) お待ちしています!

それでは、お送りいただいた素敵な作品をご紹介させていただきます。

・北海道 Y.I. 様 「Sister」カウル

遅い春の訪れで、いろんなお花が満開の北海道からお送りいただきました。
見た瞬間目が釘付けになってしまう編み込み柄は、Bio Shetlandの02・19の2色で編まれています。シンプルな色使いと可愛い模様のバランスが絶妙で、とっても素敵です!

パターンはRavelryより、Junko OkamotoさんのSister。編みながらも嬉しくなってしまいそうな可愛さですね。

なんて野原が似合うんでしょう!(^ ^) まさに「春が来た」という雰囲気。
 
「聞いていた通り、水通しをしたらふんわりして編み込みのぽこぽこが目立たなくなりました。この糸、とっても好きです?他の色も手にしてみたいし、ツイードやアルパカも気になっています。
ステキな糸をありがとうございました。」


こちらこそ、素敵なお写真をありがとうございました。



・東京都 M.T. 様 「ダイヤ柄のハーフミトン」

かわいいー!
Semilla 116・01の2色の編み込み模様です。シンプルな色合わせが映えますね。
編み物は初心者というM.T.さんの2作目、編み込み模様も初挑戦だそうです。
でも、そうとは思えないくらいきれいです!(^ ^)

Semillaは、編み物初めてという方にこそ、ぜひぜひおすすめしたい糸です。糸にふっくらした弾力があって、針を目に入れた時にぐっと伸びるような感じがあるので、編みやすいのです。編み目も自然に揃いやすいです。

そして何より、手触りがとっても気持ち良く、美しい色合いも目に心地良いので、毛糸に触っている事が嬉しくなってくるのです。

編むことが気持ち良い安らぎの時間になるか、苦行・作業と感じるかは、毛糸の手触りに依る所が大きいと思います。だから初心者の方こそ、いい毛糸を使って、編み物好きになっていただけたら嬉しいです。

実はこのハーフミトンは、編み物上手でいつも色々な物を編んでくれるお母様へのプレゼントとのこと。絶対喜ばれると思います〜!
素敵な写真をありがとうございました。

編み図参考:NHKテキスト「すてきにハンドメイド」2016年11月号(デザイン・木下あゆみ)
 

・大分県 M. S.様 「ハンドウォーマー」「オーガニックコットンのハンカチ」「ブランケット」

Bio Shetlandを気に入って下さったM.S.様から、お送りいただいた作品です。
フェアアイルのハンドウォーマー、かわいいですね〜。編み目もとってもきれいです。
オーガニックコットンのハンカチは、以前にブログでご紹介した編み方を試して下さいました。
これだけのざっくりした説明で、こんなにきれいに編み上げてくださるとは!すずらんが並んだような模様もかわいいです。
「編んでみたかったハンドタオルは気になっていたパターンで。もちもちで編みやすい糸でした。
ハンドウォーマーは風工房さんの本を若干アレンジしました。手先が横に伸びたので、一度といて1.5ミリで二目ゴム編みに変更しました。とても暖かいのと汗をかかない所がお気に入り。」

そしてこちらは、編み込みの練習を兼ねて編まれてるというブランケット。模様編みのサンプラーになっていて、編むのもとても楽しそうです。

写真は、ブランケットの左側と右側。すごい大作です!
完成したら宝物のような一枚になりますね。
「ブランケットは癒しの為にゆっくり編み続けていくつもりです。」
お写真ありがとうございます。出来上がったらぜひまた見せてくださいね。(^ ^)


・愛知県 K. T.様 「Watayuki プルオーバー」

なんてかわいいセーターなんでしょう!色も形もとても素敵で、しかもすごく暖かそう!

どうやってこの絶妙な色と厚みを出されたのかというと、モヘア1本とbio shetland3本の、合わせて4本取りで編まれているのです。しかも、bio shetlandは、31のcranberryと35のcarmineの2色を使い、3本の内の割合を変えながら引き揃えて、グラデーションを作っているそうです!
自分で作るグラデーション、市販の段染め糸を使うのとは違って好きな色加減にできるし、とても楽しそうですね。
色と素材が美しく混ざり合って、こういう編み地は、こんな風に模様の無い素編みが一番素敵だなあと思いました。

どうやって編まれたか、詳しくお知りになりたい方はRavelryのページをご覧下さい。写真ももっとたくさん掲載されています(^ ^)

「購入したbio Shetlandのニットが完成いたしました!モヘアと四本どりで、おー張りがある糸だなと思って編んでましたが、水通しをしたらふかふかあったかになって最強の冬支度になりました。」

こんなセーターがあれば、冬の寒さも楽しみですね。お写真ありがとうございました。


・兵庫県 S. J.様 「モンスターパンツ」

Semillaをいつもご愛用くださるS.J様から、衝撃の作品です。
…心の準備はよろしいでしょうか。
それではどうぞ、ご覧下さい〜!


見た瞬間、目が釘付け。
あまりの面白さに、見るたび眠気も吹き飛び、元気が湧いてくる、すごいモンスターです。
この虚無感漂う表情が、かわいいおしりに張り付いているという、シュールな状況がたまりません。
そんなモンスターの全体像はこちら

パターンはRavelryより、Monsterbukse。projectsのページで世界中のいろんな方のモンスターパンツが見られますが、この味わい深さ、J.S.さんのパンツが最強だと思います(^ ^)


そして全身の姿も…なんとかわいいモンスター!

パンツと同じ、Semillaで昨シーズン編まれたという恐竜フードをかぶって。可愛すぎる組み合わせですね!
一度見たら忘れられないモンスターパンツ。疲れた時にはこれを見て愉快な気持ちになろうと思います。楽しい作品をありがとうございました!


・兵庫県 S. J.様 「敬老の日のプルオーバー」

いつも作品の写真をお送り下さるS.J様。
前回のお母さまへのプレゼントニットに続いて、今度はお祖母さまへのプレゼントです。

敬老の日のサプライズプレゼントで渡せるように、従姉妹さん達に頼んで秘密でサイズを測ってもらい、ぴったりに仕上がるように編まれたそうです。
…そして迎えた当日、集まったご家族皆さんの前でプレゼント!
大事にするあまりに着るのをためらうお祖母さまに、皆で頼んで試着していただいたときの写真です

見事にサイズもぴったり!色もデザインもとってもよくお似合いですね。
お祖母さまの嬉しそうなお顔から、敬老の日のお祝いの楽しそうなひとときを想像して、私も幸せな気分になりました (^ ^)

ご使用糸は、Bio Balanceの10(fig)で、微かに赤みを感じる、紫がかったグレー。とても上品な雰囲気の色です。

「皆に口々に褒められて、最初はモジモジしていましたが、ずっと着ているところを見ると、相当気に入ってくれたみたいです。
着心地がいい。手触りが柔らかい。軽い。ゆったりしている、、、とポツポツコメントも。
私たちが帰ってからは、すごくいい色!これからどんどん着られそう!といつになくウキウキだったみたいです。」


お祖母さまへのサプライズはもう1つ。
余った糸で、息子さん(お祖母様にはひ孫ちゃん)にもお揃いニットを用意していました。

かわいいですねー!
ちくちくしなくて着心地がいいからか、足取り軽やか、うきうき感が伝わってきます(^ ^)


お祖母さまのプルオーバーはRavelryより、Green Hill Lane

息子さんのプルオーバーはBrochan Sweaterのアレンジです。
 
 
孫から大好きなお祖母ちゃんへ贈る、ひ孫とお揃いのニット。
そんな記念になるプレゼントにこの毛糸を選んでいただいてありがとうございました。
 


・東京都 Y.A. 様 「透かし模様のカーディガン」

綿と麻のAllinoで編まれたカーディガン、とても涼しげで素敵です!Allinoは綿のふんわり感と麻のサラッとした感触が絶妙に混ざった、爽やかな肌触りの糸ですが、やや重さと保温性もあるので秋冬用としても、一年中使える糸です。でも、このように透かし編みにすると、見た目も着心地も軽やかで夏にぴったりですね! ボタン3つもかわいいです。

↑ダイヤ柄の透かし模様は、ダイヤの部分がこんな風に立体感のある編み地になっています

「6玉ちょうど(余ったのは1m!)で編みました。サラッとした編み心地で、着てもなかなか良い感じです。6号針で編みました。」

色は27のgrage、実物はもう少し明るくて、ベージュとグレーの中間のような色味です。お写真ありがとうございました(^ ^)

編み図参考:朝日新聞出版「麻と綿で編む、まいにちのニット」




・兵庫県 S. J.様 「親子ペアのプルオーバー」「母へのプレゼントプルオーバー」「フード付きベスト」

Bio Balanceでご家族の夏物ニットを編んでくださいました。Bio Balanceの素材は、オーガニックウール×オーガニックコットン。夏にウール?と思われるかもしれませんが、身に纏うとさらっと涼しく、それでいて軽くて柔らかい、夏にもおすすめの毛糸なのです。とても質の良いオーガニックヤーンなので、直接素肌に触れるものでも、ちくちくせずに気持ち良く着ていただけます。

まずはこちら。親子でお揃いのプルオーバーです↓ 大人用はRavelryより、Juniperです。


爽やかで素敵ですね〜とてもよくお似合いです!ふわふわで、思わず触りたくなってしまう感じがします。もうすぐ2歳の息子さん用はBaby Shellです。なんと1玉で編めたとのこと。↓

お揃いで着ていると、可愛い!と褒められるとのこと。それはそうでしょうね^ ^ 可愛いですもんね!ちくちくしないので、息子さんもご機嫌で着てくれるようですね。この嬉しそうなお顔。
色は、どちらも03で編まれています。


次はお母様へのプレゼントに編まれた、やはりBio Balanceのプルオーバー。パターンはElka Parkです。↓

お母様用なので、オーバーサイズ気味ですが、着ると体に沿ったきれいな形になります。編みやすくシルエットもきれいなのでおすすめのパターンだそうです。

色は14。光によって紫っぽくもグレーっぽくも見える、いい色です。素敵なプレゼントですね!
着心地の良さに、お母様も「なにこれ!?」と驚かれたそうです。

そしてもう1点、息子さん用のベストです。パターンはCameron Hoodie

二本取り、可愛いですね!25と01の2色で編まれたそうです。色の混じり具合がとっても素敵です。でも、実はbioは一本で編んだほうが軽くて快適だった…とのこと ^_^;
フード付きなせいもあって、見た目より重くなってしまったそうです。

たくさんのお写真をありがとうございました! ↓森に溶け込むような素敵な1枚 ♪(^ ^)



・愛知県 K. T.様 「Chaika プルオーバー」

とっても素敵な夏のセーターですね!軽そうで目からも涼しげです。襟ぐりのゴム編み部分をBio Balanceの01で編まれています

気になる身頃部分の段染め糸は、CowgirlbluesのMerino Lace Single(残念ながらCast Onではお取り扱いしていないのですが)で、合わせたBio Balanceとの素材感の違いが面白いですね。

パターンはRavelryから、Chaikaです。


着られると良くお似合いなのがわかります。風が吹き抜けるようで、素敵ですね〜(^ ^)

「合わせた糸は、メリノのレース糸なのでふわっとした感じでした。BC garnのこの糸はさらっとしてるのに柔らかでとても良いです!!今日は着てでかけたのですが、軽くて涼しくてよかったです!」

ありがとうございます。夏中大活躍しますように!


・兵庫県 S. J.様 (後編)「怪獣フード」「ボトルケープ」「ツバメの編み込み帽子」

ご家族のために編まれた素敵な作品の数々。前回に引き続きご紹介させていただきます。
まずはこちら。かぶると怪獣になれちゃう帽子です。

かわいいー!これはかわいすぎますね!実際、この帽子を被っているとダントツで街で声をかけられるそうです(^ ^)

使用糸はオーガニックウールのSemillaで、ベースが106、とげとげが107です。なんと4本取りで編まれたとのことですが、「目数が少なく、あっという間にできるのですが、結構固くなってしまって、編むときヒヤヒヤしました。が、さすがsemilla!水通しするとくったり馴染んで、しかも2,3度着用するとフワフワになりました。これですぐに赤くなってしまう息子の耳も守られます。」

パターンは、Ravelryに掲載のThe Dino Balaclava

他に、動物に変身のタイプもあるそうです→The Balaclava Bundle

「このタイプ、ぜひ全国のお母様方に勧めたいです。走り回っても脱げないし、暑くなったらフードにできて、しかも落とさない!寒かったら、カウル部分を引き上げて目出し帽みたいにもなります。
派手な色でトッピングすれば、スーパーや公園で自分の子どもを見失わないし、それに…かわいい!」


次は、ご自分のために編まれたケープと帽子。


個性的な色が良くお似合いで、ケープのラインが体にフィットしてとてもきれいです!
こちらのケープ、以前ブログでご紹介した、Cast Onのオリジナルデザインです。→

ブログをご覧になり、編みたいとご希望いただいたので編み図をお送りしたのですが、届いてすぐに形にして下さり感激です(^ ^) 全体をSarah TweedBaby Alpacaの2本取りで輪に編むシンプルなパターンですが、2本取りの組み合わせですごくイメージが変わるので、色合わせを考えるのが楽しいですよね。Sarah Tweedの24を全体に、下はBaby Alpacaの44、ネック部分は42を引き揃えて編まれています。

お好きな組み合わせで編んでみたい方がいらっしゃいましたら、糸のご購入時に「ケープの編み図希望」とお書き添えください。きちんと清書した編み図ではありませんが、同封いたします。

「BC garnの毛糸は、どれも本当にユニークなのですが、このSarah Tweedはまた、すごく個性的で楽しい糸ですね。Baby Alpacaは優しくふんわりしっとりでうっとり…の上品さ、そしSarahのほうは…シルクと聞いてエレガントさだけを想像していたのですが、葉っぱや草の欠片がちょこちょこついている、結構ワイルドな糸で、大好きになりました。」

帽子は『しずく堂の編みもの時間 』に掲載の、ツバメの編み込み帽子です。
使用糸はSemillaの107,102,127,116です。

「久しぶりの編み込み、しかもゲージを取らずに編み始め、かつ私の頭はキッズサイズなので、編み上がった帽子はやっぱりややゆったり目。すっぽりかぶってもいいんですけどこのタイプはピッタリかぶりたい!と思い、思い切って縮絨しました。
Semillaって本当にすごい糸ですね。とっても素直で、すんなりフェルト化してくれました。
そして、フェルト化しても柔らかくって軽い!ちょっともったいないけど、もし余りSemillaが出たら、小物を編んでフェルト化しても素敵だと思います。」


本当にたくさんの作品を、ありがとうございました。また見せて下さいね!


・兵庫県 S. J.様 (前編)「レインボーカーディガン」「帽子とカウル」

ご家族のために編まれた素敵な作品を、たくさん見せていただきました。2回に分けてご紹介させていただきますね。
まずは、小さなかわいい息子さんのための、とってもかわいいカーディガンです!

後ろ姿もなんてかわいいんでしょう〜!
使用糸はオーガニックウールのSemillaで、ベースが127、虹色部分は上から120, 110,121,111,107,115,104,109です。

「各色2段ずつしか使用しないのですが、どの色もうっとりするくらいきれいで、それぞれ一色ずつセーターを編みたいくらいです。子どもの物なので当然ですが、それにしても、軽い!息子の足どりも、テッテケテーッって感じです。」

Semillaはとっても軽くて優しい肌触りなので、小さなお子さんにもストレスなく着ていただけると思います。お母さんの手編みのセーターは気持ちよかったなあという思い出は、きっと大人になっても忘れないのではないでしょうか。

カーディガンのパターンは、Ravelryに掲載の「Petit Arc-en-ciel」です。

Ravelryでは、いろんな方が編まれたPetit Arc-en-ciel(虹の意味だそうです)も見られて、楽しいですよ。
「トップダウンで袖ごと編むと、袖を別に編んでとじる、長袖、半袖、女の子っぽくギャザー入り、無し、ポケット有り、無しが選べます。身頃と袖を一緒に編む半袖で、ギャザー無しのポケット有りを選びました。やっぱり子どものものは、シームレスのほうが、軽くて着やすいと思いました。丸ヨークも、なで肩の幼児にはよく馴染みます。」

次はお父様の帽子と、義理のお父様のカウル。(モデルになってくれたのは旦那様)毛糸はお揃いで、Semillaの102です。

「グレーのようなネイビーブルーのような、格好いい色です。ハンサムです。私もかぶってみましたが、semillaは本当に首や顔周りにピッタリですね。もふもふ、ふわァと包まれる感じで、軽くて温かいです。義父の自慢の真っ赤なトラクターに似合いそうな、ぴったりの色が見つかって良かったです。」

ご家族のためにばかり編まれている J.S.さん。ご自分のものはついつい後回しになってしまっているそうです。

「自分のものが編みたいといいつつ、つい人にあげたくなってしまいます。BCgarnの良さを、身近な人にも感じて欲しいなー、というのも、もちろんなのですが、多分、編んでいると優しい気持ちになれるから、だと思います。」

続きの作品は、また次回ご紹介いたしますね。


・東京都 Y. A.様 「フェアアイルのネックウォーマー」

素敵な色合わせですね〜!(^ ^) フェアアイル柄のネックウォーマーは、bio shetland で編まれた作品です。
「とても柔らかくて編みやすく、良い感じでした♪」

柔らかくてチクチクしない糸なので、使い心地もネックウォーマーにぴったりだそうです。

全体像はこちら↓ たっぷり長いので、とてもあったかそうですね!

そしてなんと、さっそく2枚目も!↓ こちらもとってもかわいいです。赤が入ると雰囲気が変わりますね。
実はY.A.さんはbio shetlandの全色をお買い求めくださったので…お手元にはまだたっぷり糸があるはず。いろんな色合わせがどんどん楽しめますね(^ ^)

デザインは『毛糸だま 175号・冬号』P17の掲載作品をご参考になさったとのこと。

「指定糸より細めの糸なので、本と同じ目数だとやや細めに仕上がります。針は、ゴム編み部分は0号、模様編み部分は3号。2枚目は目数を増やして段数を減らし、模様も変えてみました。次は何を編もうかと、糸を眺めて悩み中です。」

またぜひ見せていただきたいです!
編み図参考:毛糸だま 175号(2017年冬号)P17、yohnkaさんデザイン


・神奈川県 Y. A.様 「葉っぱ模様のセーター」

以前に、編み途中の写真を見せていただいたこのセーター。すでにとってもかわいくて、いったいどんなセーターになるのかしら…とわくわくしておりましたら、


この度、編み上がりの写真も見せていただきました!

ふんわり気持ち良さそうで、とっても素敵です!
お使いになったのは、オーガニックウールのSemilla・115。深みのある、いいオレンジ色です。なんと、もともとはネックウォーマーのデザインを、丸ヨークのセーターに編まれたとのこと。はぎ目もなく、着心地良さそうですね!こういうアレンジの方法もあるのか…と、とても参考になりました。ありがとうございます(^ ^)
編み図参考:ベルンド・ケストラー著「ベルンド・ケストラーのネックウェア」


・長野県 S. W.様 「赤ちゃんのケープ」

Bio Balanseの25番で赤ちゃん用のケープを編みました。お友だちのところにやってきた王子様にプレゼントです。冬だけじゃなくて長く使ってもらえたらと思い、コットンの入ったこちらを選びましたが、チクチクすることもなく、とてもやさしい肌触りのケープができました。これからいっぱい汚してほしいなぁと思っています。」
 


なんてかわいいケープ!こんな素敵なプレゼントをもらえる赤ちゃんが、羨ましくなってしまいました。きっと喜ばれたでしょうね。綺麗な色も、柔らかい肌触りも、凝った編み地も、優しい気持ちが溢れるような贈り物と思いました。

「この糸は肌触りもスペシャルでしたが、色合いもホントに素敵ですね。赤ちゃん用の糸は、どうしてもパステル調の淡い色ばかりになってしまいますが、『こんな色があったらいいのに』が心の中から出てきたような色でした。」

嬉しいご感想もいただいて、ありがとうございます。お役に立てて良かったです。(^ ^)
編み図参考:「暮らしの手帖 2015年 4・5月号」より、すぎやまともさんデザイン
 

・兵庫県 S. J.様 「ノーム (妖精) の帽子」

頭のとんがりが可愛いこの帽子。1歳半の息子さんのために編まれた作品です。どうしてノームの帽子かと言うと…


ご覧ください!このキュートな姿。ほんとうに森の妖精のようです。(^ ^)

お使いになったのは、オーガニックウールのSemillaの107、110で、二本取りで編まれています。
パターンは、Ravelryから「The Gnome Hat」。とっても可愛いパターンなので、ぜひご覧ください!

「とても柔らかく、編んでいてホッと心が和む毛糸です。編んでいるときは結構とんがりがシャキっとしていたのですが、水通しをするとふんわり柔らかく、クタッとなってしまいました。すごく肌あたりも柔らかく、首周りに使うとほっこり温かそうで、早く次を編みたくなりますね!」

と、嬉しいご感想をいただきました。小さなお子様でもチクチクせずに使っていただけそうで、本当に良かったです。
外に出ると嬉しくてじっとしていられない息子さんだそうです。帽子が苦手ですぐに投げ捨てるので、あごひも必須だそうですが、この帽子は気に入ってくれるといいですね (^ ^)
 
 

・宮崎県 A.N.様 「ルームソックスとレッグウォーマー」


配色違いのルームソックス、新作の写真をお送りいただきました。
気持ちが落ち着く優しい色の組み合わせがとても素敵です。オーガニックウールのSemilla で編まれているので、履き心地もとっても良さそうですね。
同じくSemilla で編まれたレッグウォーマーもシンプルで優しい佇まいが素敵で、足下をふんわり暖かく包んでくれそうですね。

ルームソックスは、宮崎県串間市にある海のそばの「TAGIRI HOTEL (タギリホテル)」→と、手作りのビーガンケーキが美味しそうな「CAFE10 」→で、販売もされているそうです。
古い民宿を手作りで改築したというTAGIRI HOTELは、とても美しく居心地の良さそうな小さなホテルです。地元の素材を使ったお料理もとってもおいしそうで、お食事だけの利用もできるみたいです。こんなお部屋で波の音を聞きながら、ただただのんびり編み物したり本を読んだりしてみたいと夢見ています。皆様、宮崎にお越しの際にはぜひぜひ串間市まで足を伸ばしてみて下さいませ。

 

・宮崎県 A.N.様 「ルームソックス」


オーガニックウールのSemilla で編まれたルームソックスです。3足も!
2本取り、素敵ですね!配色もとってもかわいくて、いろんな色で試してみたくなりそうですね。履いたらどんな感じなのか見てみたいです。
 
「毛糸がとても気持ちよく素足に履いてぬくぬくしています。」

本当に、素肌に直接触れても全然ちくちくしないウールなので、気持ちよいソックスだろうなあと思います(^^)
冬が待ち遠しくなりますね。

「素敵な毛糸だと、何を編むか考えたり、編んだりするのが、いつもより更にいい時間になるのだと改めて感じました。」と、とても嬉しいご感想をいただきました。ありがとうございます。
 
 

・埼玉県 M.K.様 「オーガニックコットンのハンカチ」

模様編みのかわいいハンカチ。
先日のブログ記事をご覧いただき、Albaで編んでくださいました。
なんと2枚も…!と思いきや、



3枚目も!お友達へのプレゼントだそうです。羨ましい〜(^o^)

表目と裏目の模様、ぽこぽことしていてかわいいですね!
「編んでいて手が気持ち良い糸ですね。とっても編みやすいです。いろんな模様を試せるのも楽しい。」とのご感想。
私もまったく同感です。柔らかくてしっとりなめらかなので、気持ち良くってどんどん編めてしまう糸なのです。
1玉(50g)でちょうど一枚編めて、少し糸が余るくらいです。
使い心地も良く、持ち歩くのも嬉しい、とってもおすすめの編み物です。

 

・東京都 Y.A. 様 「レース編みのストール」


美しいですね!繊細なレース編みのストールは、Semilla extrafino の 127で編まれています。
この糸は、驚くほど肌触りが良くて、ショールにとってもおすすめの糸です。
ふんわり柔らかで軽いショールに仕上がります。編んでいる間の心地よさも抜群です。
光に透けると、模様がよくわかりますね!蜘蛛の巣のように繊細ですね〜
細い糸ですけど、巻くととても暖かいそうです。
ショールが活躍する季節が待ち遠しいですね!

 

・埼玉県 K.M. 様 「扇子入れ」

とっても涼しげですね!かぎ針編みのこちらの作品は扇子入れ。
お使いになったのはLinoの49です。
中の扇子と色がぴったり、素敵ですね〜!  陶器みたいなビーズもかわいいです。
このあと、お友達に頼まれてもう一つ編まれたとのこと。
(一つ12gでできあがったそうです。ということは…1玉50gで、3つ編めてしまいますね!)
デザインはオリジナルです(^^)
こちらも涼しげな、リネンのポンポンも作っていただきました♪


 

・東京都 K.S. 様 「耳付き帽子」


お嬢様のために編まれたという帽子、とってもお似合いで、いい雰囲気です!
ストライプの色の組み合わせが素敵ですね。

「今朝は寒かったので被って学校へ行きました。肌ざわりが本当に良いです。」

写真で見ても、ふんわり気持ち良さそうな帽子です。
編み上がったあと水通ししていただくと、もっと柔らかい肌ざわりになります。
耳に当たるところもふわふわで気持ちいいと思いますので、ぜひお試しください。
お使いになった糸はSemilla 101,107です。
編み図参考:アンマリー・ニルソン著「スウェーデンから届いたニット」
 
 

・埼玉県 K.M. 様 「バスケットステッチのマフラー」


立体感のある編み地が素敵ですね!お使いになったのは、Baby Alpacaの08と103
グレー×グレー、赤×赤、グレー×赤と、2本の組み合わせを変えながら全体に2本取りで編まれています。

「母へのプレゼントです。2色で出せる色の変化を楽しみながら作りました。とても柔らかい毛糸なので、気持ちよく編めました。今度は自分用にも編みたいです。」

お母様、お喜びでしょうね。羨ましいです!

 

・東京都 M.T. 様 「三角ショール」

優しい色の組み合わせがとっても素敵なショールは、3色の糸(Semilla 120,127,103)の2本取りで編まれています。
広げると、こんな形です! 色の切り替わる位置はまっすぐなのに、

巻くと斜めのラインに見えるのが、不思議です。


「とても柔らかい毛糸なので、巻きごこちもいいです。」

編み図参考:アンマリー・ニルソン著「スウェーデンから届いたニット」

 

・東京都 Y.A. 様 「ネックウォーマー」


ただ”ネックウォーマー”と呼ぶにはあまりに美しい、レース編みの作品です。
輪編みで、タートルネックの首の部分から下に向かって編み進めていくそうです。


首元には葉っぱの模様が!
お使いになった糸は、Semilla 102のslate grayです。少し青みがかったような、
光の加減でブルーグレーにもダークグレーにも見えるような繊細な色です。
シンプルなワンピースに合わせたらとっても素敵そう…
着られたところの写真も、ぜひ拝見したくなります。
編み図参考:ベルンド・ケストラー著「ベルンド・ケストラーのネックウェア」